TOP > サービス情報 > スムースな荷造りのために

荷造りの善し悪しで引っ越し作業は決まる!

重要度別に荷造りの“コツ”を6つにまとめました。
星の数が多いものほど重要ですので、是非、実践してみて下さい。

コツ1:スムースに運びだすための下準備のコツ 

大きな物、タンスやベッド、食器棚、冷蔵庫類は引越業者がさっさと梱包して運びます。
小物類の整理が出来ていないと運び出すのに時間がかかります。

スムースな下準備の例

 ・ 流し台の上のドアを開けて下さい。この中の物を箱にいれます。
 ・流し台の下のドアを開けて下さい。この中の物を箱にいれます。
 ・ 台所まわりの食器、調味料、台所洗剤、鍋、ヤカン、タッパ類
 ・洗濯機まわりの洗剤や掃除道具類
 ・トイレの上に置いてある買い置きトイレットペーパーとか

奥様はとにかく小物類の整理をしっかりしておけば、「あっと」いう間に運び出します。
小物類は形がバラバラですから、引越し当日はなかなか片づけられないものです。

コツ2:箱詰めの際のコツ 

中に何を入れたかを箱に書きますが、以前の家で置いてあった場所も書くといいです。
長年使っていたものは、どこへ置いてあったか覚えているものです。
何々はどこ? と探すより、前の家であそこにあったものは? うんうん あれね。
記入するのは箱の横側です。上に書いても重ねると見えなくなります。

コツ3:すぐ使うものに対してのコツ 

すぐに使う最低限必要な生活必需品はまとめて入れておくといいです。

茶碗、皿、箸、コップ、スプーン、包丁などの生活必需品
ティッシュペーパー、トイレットペーパー

コツ4:箱の大きさ選びのコツ 

重い物をいれるには小さい箱・本、アルバム、ビデオ類
重い物をいれる箱の底は、縦と横にガムテープを貼って底が抜けない様にします。
軽い物をいれるには大きい箱・鍋、ヤカン、フライパン、タッパ類など

コツ5:植木鉢等を運びやすくするコツ 

引越しで処置に困る物のひとつです。
底を縦と横にガムテープを張ったダンボール箱に入れて蓋はしません。
箱にロープを掛けて持ち運びしやすいようにする工夫もいいことです。

コツ6:その他のコツ アラカルト 

冷蔵庫

中身を全て出し、前日までに霜取り、前日の夜には電源を抜いて水抜きをしておきます。
コードは巻いてテープなどで固定します。

洗濯機

完全に水抜きをしホースやコード、アースは本体に固定します。

ストーブ

灯油は完全に抜いておきます。こぼれると他の荷物もだいなしになります。

TV・オーディオ機器

化学はたきなどでホコリを払っておきます。コードやリモコン類はまとめておきます。

食器類

コップ類と陶器類は分けておきます。お皿は立てて箱詰めし、刃物の刃の部分は厚紙でガードをしておきます。
食器棚の中の陶器は、1段毎床に並べてから包みます。棚ごとでまとまりますし破損防止になります。

衣類

整理タンスの中身はダンボールなどへ整理してください。
ハンガーにかかった、折りたたまない方が良い衣類はハンガーボックスもあります。
和服用のダンボール箱もあります。

ふとん

ふとん袋の底の大きさにまでたたんで重ね、上からふとん袋を重ねれば楽に入ります。
一時的な利用には紙製のふとん袋もご用意できます。

引越しする物にはポストイットなどを貼っておきます。

何人もの作業員が来ますので、同じ事を違う人が何回も聞いてきます。
同じ荷物を「奥さんこれは持って行きますか?」とAさんBさんCさんなどが聞いて来ます。

お問合せフォーム トランクルームの押入れ産業 国土交通省認定トランクルーム トランクルーム料金シミュレータ ISMS認証取得